関西文学散歩 カルチャーウォーキング 詳細

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告 > 詳細
2017.08.25 【予告】
第526回関西文学散歩
~曽根・岡町の三名士:高橋三千綱、手塚治、山田洋次~
2017年9月10日(日)開催

こちらは終了致しました。

 次回は、阪急曽根駅から岡町駅の、宝塚線東側に広がる古跡を訪ねます。

 中世の原田城址は、阪急(株)が開いて「西の芦屋・東の曽根」と称された松籟園住宅地で、往時の名残を伝える羽室家住宅を特別見学。

「大塚古墳・御獅子塚(おししづか)古墳で古代の豊中の風景を想像した後、「寅さんシリーズ」で知られる山田洋次監督の生家で、中島京子原作の同題名の映画『小さいおうち』のモデルと言われる「赤い屋根のお家」の前を通り、最後に「萩の寺」で有名な東光院周辺で高橋三千綱の「親父の年頃」の舞台を訪ねます。

 

*講師が同行します。雨天も実施します。

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
PDFの閲覧はAdobe Readerを
ダウンロード(無償)してください。
ページの先頭へ