関西文学散歩 カルチャーウォーキング 詳細

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告 > 詳細
2017.09.22 【予告】
第527回関西文学散歩
~美貌の女人と長岡京から平安京遷都への道~
2017年10月8日(日)開催

こちらは終了致しました。

 次回、10月の第2日曜日は、奈良から京都に都が遷った時代を訪ねます。

 桓武天皇が薨御され、俄かに鮮烈を呈した皇位継承問題。安殿親王が新帝・平城天皇として即位、皇太子は神野親王(後・嵯峨天皇)と決まったものの、長岡京から平城京へ遷都した途端に継承問題が再熱、「二所朝廷」ともいうべき事態が生じました。

 その陰に見え隠れする内侍(ないしのかみ:女官の官名)藤原薬子。「薬子の乱」で歴史に名を馳せ、桓武天皇の愛妾だったとも伝わる彼女の真の目的は……。

 三枝和子『薬子の京(くすこのみやこ)』を手掛かりに、事件の発端を、早良親王の憤死事件を陰に潜める長岡京大極殿址や西国街道(向日市~長岡京市エリアの一部)で辿ります。

 

*講師が同行します。雨天も実施します。

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
PDFの閲覧はAdobe Readerを
ダウンロード(無償)してください。
ページの先頭へ