関西文学散歩 カルチャーウォーキング 詳細

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告 > 詳細
2017.12.28 【予告】
第530回関西文学散歩
~朝ドラと小説「花のれん」はどう違う?~
2018年1月14日(日)開催

こちらは終了致しました。

 新年最初の文学散歩は、朝の連続ドラマ「笑てんか」のモデルでもある吉本興業の創業者・吉本せいを描いた山崎豊子の『花のれん』がテキストです。

 朝の連続ドラマは、小説を換骨奪胎して『花のれん』とは設定やストーリーが違いますが、当時の大阪の町の雰囲気と、デビュー作『暖簾』から60年になる山崎豊子の作家としての軌跡を大阪市内で辿ります。

 

*講師が同行します。雨天も実施します。

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
PDFの閲覧はAdobe Readerを
ダウンロード(無償)してください。
ページの先頭へ