関西文学散歩 カルチャーウォーキング 詳細

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告 > 詳細
2018.01.26 【予告】
第531回関西文学散歩
~薩摩藩伏見屋敷と島津家ゆかりの人々~
2018年2月11日(日)開催

こちらは終了致しました。

 NHKは大河ドラマ「西郷どん」を放映中ですが、今回は京都伏見の薩摩藩藩邸下屋敷跡と、薩摩烈士が眠る大黒寺(別名、薩摩寺)を中心に探訪します。

 大黒寺は、関ヶ原の戦い時に「島津の退け口」の中央突破で有名になった島津義弘(維新公・鬼島津)の守り本尊の大黒天に因み、薩摩藩の祈祷所となったお寺です。境内墓所には、木曾川治水工事で責任を取った家老平田靭負(ゆきえ)や、「寺田屋事件」の犠牲者の有馬新七など勤王党九烈士などが眠っています。

 薩摩藩邸もあったゆかりの地で、ドラマ鑑賞の前提となる島津家について探ってみます。

 

*講師が同行します。雨天も実施します。

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
PDFの閲覧はAdobe Readerを
ダウンロード(無償)してください。
ページの先頭へ