関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告
>

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 予告

2017.06.26 【予告】

 次回は、住吉大社の創建にも関わったという大豪族・依網吾彦の名を残す、住吉区我孫子(あびこ)近辺を文学散歩します。  近くの川原跡からは旧石器時代に闊歩していたというナウマン象の足跡が発見されていますが、巨大魚・怪魚と大…

2017.05.26 【予告】

こちらは終了致しました。  次回は、竹取爺とかぐや姫のお話しを訪ねます。  集合最寄駅は近鉄池部駅で、駅前の重厚な屋敷門は、何と河合町役場の正門。潜ると大正時代の日本庭園が、いまは町民の憩いの庭になっていて、不思議・おと…

2017.04.27 【予告】

こちらは終了致しました。  今秋、10月から始まる京都国立博物館開館120周年記念の「国宝展」。その目玉は長谷川等伯と息子久蔵の日本画のようです。  能登七雄生まれの等伯は、日蓮宗本山(由緒寺院)の京都本法寺を頼り、千利…

2017.03.27 【予告】

こちらは終了致しました。  桜も満開の時期の4月の文学散歩は、「林芙美子の疎水遊覧」のタイトルで、山科の疎水べりを散策してみましょう。  芙美子のエッセー題名は『田舎がえり』、「…疎水のほとりで降りて、それから橋を渡り、…

2017.02.28 【予告】

こちらは終了致しました。  彦根藩主・井伊直弼(なおすけ)から遡ること14代前、第20代井伊家当主の直政は、徳川家康に仕えて彦根藩初代藩主となり、譜代大名筆頭として彦根に井伊家の礎を築きました。  そんな直政を幼少時から…

2017.01.20 【予告】

こちらは終了致しました。  大河ドラマ「真田丸」が終わって静けさを取り戻した天王寺界隈ですが、今回は「てんしば」としてリニューアルオープンした天王寺公園エントランスエリアから、新たに東ゲート(てんしばゲート)が設けられた…

2016.12.26 【予告】

こちらは終了致しました。  2016年中に京都を沸かした「若冲生誕300年記念」最後の取り組みが、京都国立博物館で正月15日まで行われています。  私たちも<記念祭最後の若冲>ということで、その晩年に所縁ある伏見を巡歴し…

2016.12.05 【予告】

こちらは終了致しました。  次回、今年最後の文学散歩は、旧三井家下鴨別邸の一般公開に合わせ、その見学と当地ゆかりの小説、万城目学の「鴨川ホルモー」の世界を遊歩します。テキストは1976年、大阪生まれの作家のデビュー作です…

2016.10.28 【予告】

こちらは終了致しました。  11月13日は、長岡京市が「長岡京ガラシャ祭」一色に染まる日です。平成4年、細川氏の城、勝竜寺城跡公園整備の完成を記念し、近江坂本から細川忠興に嫁いできた明智光秀の娘、玉のお輿入れ行列の再現に…

2016.09.26 【予告】

こちらは終了致しました。  次回10月9日の文学散歩は、今月下旬にオープンする大和飛鳥の「キトラ古墳壁画体験館・四神の館」を中心に整備が進む<国営飛鳥歴史公園―キトラ古墳周辺地区>を歩いてみます。  秋もたけなわで、大和…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ