関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 予告
>

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 予告

2018.05.31 【予告】

こちらは終了致しました。  アニメーション映画『火垂るの墓』や『ハイジ』で著名な監督・高畑勲さんが、今春4月5日に亡くなられ、その訃報が翌日の新聞などで報じられました。その作品に主要な場面として登場する御影公会堂が、1年…

2018.04.27 【予告】

こちらは終了致しました。 「伊勢に行きたや 伊勢路が見たや~ せめて一生に一度でも…」と唄われ、時には500万人もの人々の往来で賑わったという伊勢参宮街道は、畿内から初瀬(長谷)を通り、宇陀・室生を経て伊勢国へと通じてい…

2018.03.27 【予告】

こちらは終了致しました。  次回は4月8日、洛北では桜の花が咲き競う頃ですが、この日はそんな鷹が峯の一画を周遊します。  鷹が峯は、本阿弥光悦が徳川家康から土地を拝領し、「光悦村」とも呼ばれた芸術村を興したところとして有…

2018.02.23 【予告】

こちらは終了致しました。  次回3月11日は、『日本書紀』に記された事績と夢を交野で辿ります。  桓武天皇は、交野が原に郊祀壇(こうしだん)を設け、父である光仁天皇を天つ神とし、天界の最高神である北極星に見立てて祀りまし…

2018.01.26 【予告】

こちらは終了致しました。  NHKは大河ドラマ「西郷どん」を放映中ですが、今回は京都伏見の薩摩藩藩邸下屋敷跡と、薩摩烈士が眠る大黒寺(別名、薩摩寺)を中心に探訪します。  大黒寺は、関ヶ原の戦い時に「島津の退け口」の中央…

2017.12.28 【予告】

こちらは終了致しました。  新年最初の文学散歩は、朝の連続ドラマ「笑てんか」のモデルでもある吉本興業の創業者・吉本せいを描いた山崎豊子の『花のれん』がテキストです。  朝の連続ドラマは、小説を換骨奪胎して『花のれん』とは…

2017.11.24 【予告】

こちらは終了致しました。  その昔、非業の死を遂げた人たちは怨霊になり、その恨みが世に様々な弊害をもたらすと信じられました。その災厄を鎮めようと、彼らの霊を祀る御霊信仰が始まったのは奈良時代中期、聖武天皇治世の頃でした。…

2017.10.31 【予告】

こちらは終了致しました。  今年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロさんが受賞しましたが、日本初の同賞受賞作家は、川端康成でした。  その代表作の『古都』は、京都の四季と風物を描いた作品としても出色の物語ですが、今から50…

2017.09.22 【予告】

こちらは終了致しました。  次回、10月の第2日曜日は、奈良から京都に都が遷った時代を訪ねます。  桓武天皇が薨御され、俄かに鮮烈を呈した皇位継承問題。安殿親王が新帝・平城天皇として即位、皇太子は神野親王(後・嵯峨天皇)…

2017.08.25 【予告】

こちらは終了致しました。  次回は、阪急曽根駅から岡町駅の、宝塚線東側に広がる古跡を訪ねます。  中世の原田城址は、阪急(株)が開いて「西の芦屋・東の曽根」と称された松籟園住宅地で、往時の名残を伝える羽室家住宅を特別見学…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ