関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 一覧

2021.05.06 【中止】

2021年5月9日(日)実施予定の 「第563回カルチャーウォーキング~門跡覚慶が新将軍となった矢島御所を訪ねる~」は 新型コロナウイルス感染拡大防止による「緊急事態宣言」を受け、中止となりました。

2021.04.08 【報告】

天気:晴れ 参加人数:38名  コロナ感染・非常事態宣言が出されたことで、昨年12月から3回お流れになり、久々の「カルチャーウォーク」である。参加人員はいつもより少なめの38名であったが、蒼天、春の陽光が眩しい日差しの下…

2021.04.05 【中止】

2021年4月11日(日)実施の 「第562回カルチャーウォーキング~作家たちが惹かれ描いた、芦屋の一角で…~」は 新型コロナウイルス感染拡大防止による「まん延防止等重点措置」を受け、中止となりました。

2021.03.26 【予告】

2020年12月13日(日)開催分を延期して行います。  往古、白砂清松の浜を控えて美しいと形容された芦屋浜。その寒村であった浜辺を包むように広がる町は、風光明媚な高級住宅街として京阪神の人々が憧憬する町になりました。 …

2021.03.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。 2月14日(日)開催分を延期して行います。 「そうなのだ、博雅よ。この世のものの在り様は、全て呪によって決められているのだよ…」(『陰陽師』<鳳凰の巻・泰山府君祭より>)、と名前は本人を縛るから…

2021.03.02 【予告】

こちらは終了致しました。 2月14日(日)開催分を延期して行います。  比叡山の麓、修学院離宮などにほど近い赤山禅院(せきざんぜんいん)のご本尊、赤山大明神は中国赤山の泰山夫君(たいざんふくん)を勧請したもので、日本では…

2021.02.05 【中止】

「第564回カルチャーウォーキング~陰陽師・安倍晴明が礼拝した泰山夫君を祀る赤山禅院~」は 緊急事態宣言の延長により、中止となりました。

2021.01.29 【予告】

 比叡山の麓、修学院離宮などにほど近い赤山禅院(せきざんぜんいん)のご本尊、赤山大明神は中国赤山の泰山夫君(たいざんふくん)を勧請したもので、日本では陰陽道の祖神とされており、その道のプロ安倍晴明がいたく心酔したとか。皇…

2021.01.06 【中止】

「第563回カルチャーウォーキング~門跡覚慶が新将軍となった矢島御所を訪ねる~」は 新型コロナウイルス感染拡大による医療体制逼迫の状況を受け、中止となりました。

2020.12.28 【予告】

 一乗院門跡だった室町将軍足利義昭(=門跡覚慶)は守山の矢島御所拠り、当地を足掛かりに新将軍を目指します。  今回は、水上勉さんの叙情的歴史小説『流れ公方記』をメインにして、最後の室町将軍・第15代将軍義昭(=門跡覚慶)…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ