関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 一覧

2020.07.31 【参加要領】

こちらは終了致しました。 『伊勢物語』で知られる歌「風吹けば沖つ白浪(しらなみ)龍田山 夜半(よは)にや君がひとり越ゆらむ」と、妻の心配をよそに再び「十三峠」を越えた業平でしたが、こっそり窓から覗くと女は………。  十三…

2020.07.28 【報告】

天気:曇りのち晴れ 参加人数:49名 ■尼崎、梅雨・・・  尼崎のこの地(猪名寺や田能)の名前は50年も前から知っていながら、足を運んだことがない。実際に行ってみれば、きっと何か印象深いことを学ばせて頂けるのでは……と思…

2020.07.27 【予告】

こちらは終了致しました。  平安時代きってのプレイボーイで、天理近くに住んでいたという在原業平は、その自邸から高安の河内姫のもとへと何度も通い、その道は「業平道」を呼ばれるようになりました。  業平道にはルートがいくつか…

2020.07.03 【参加要領】

こちらは終了致しました。 「鳥獣戯画」とともに日本の漫画・アニメのルーツとされる『信貴山縁起絵巻』の中に収められた「飛倉の巻(山崎長者の巻)」の話は、その成立から1世紀ほど後に編まれた『宇治拾遺物語』8-3に「信濃国の聖…

2020.06.26 【予告】

こちらは終了致しました。  日本の絵巻物の最高傑作とされる『信貴山縁起絵巻』は三巻からなりますが、その最初の巻「飛倉ノ巻」は、山崎長者の家から蔵を乗せて鉢が飛び出し、信貴山へ飛んでいってしまった話で有名です。  が、実は…

2020.06.25 【報告】

天気:曇のち晴 参加人数:39名  第556回の文学散歩だという。「JRふれあいハイキング」の案内には第558回とあった。3月の長光寺城行が通算で555回目だから、JRとはズレが生じてしまったのだ。新型コロナウィルスの脅…

2020.06.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。  慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原の戦場を「捨て奸(すてがまり)」という戦法で、かろうじて敵中突破した島津義弘は「小返しの五本槍」と称される者たちの奮戦もあり、軍勢300名程度で伊勢街道か…

2020.05.29 【予告】

こちらは終了致しました。  一見、関係なさそうな「島津の退き口」と『冥途の飛脚』ですが、どちらも江戸時代(初期と中期)に起こった実際の事件を題材にしています。  そして片方は関ヶ原を苦心の末に退いて三輪に隠れ住み、無事に…

2020.04.24 【報告】

 新型肺炎コロナウィルスが猛威を奮う4月、国の緊急事態宣言を受け、今回は表記の日帰り散歩の中止を決定しました。しかし、中止のハガキを、会員の皆さんと、3月にJRふれあいハイキングにお集まりいただいた一般参加の皆さんに送っ…

2020.04.24 【中止】

「第557回カルチャーウォーキング~明智光秀と丹波平定と亀山城址を訪ねて~」は 新型コロナウイルス感染拡大防止による政府の緊急事態宣言を受け、中止となりました。

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ