関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング > 参加要領
>

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 参加要領

2021.12.03 【参加要領】

「奈良公園は日本で一番美しい公園だと思う。(中略)なんとなく自然的な雄大さがあり、よくある箱庭趣味によってゆがめられていない。特にこせこせした築山や引きずってきてすえつけた岩石などのないのが気持よい。(中略)何しろ自然そ…

2021.11.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。 2021年1月10日(日)、5月9日(日)開催分を延期して行います。 「江湖に落魄(はく)して暗(ひそか)に愁(うれい)を結ぶ 孤舟に一夜の思(おもい)は悠々 天公は亦(また)吾(わ)が生を憫(…

2021.10.01 【参加要領】

こちらは終了致しました。 2020年12月13日(日)、2021年4月11日(日)開催分を延期して行います。 「1972年から73年にかけて一年あまり過ごしたあの芦屋の家を、私は決して忘れることができない。アーチ状の玄関…

2021.07.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。  津村記久子さんは、大阪市大正区生まれ。本日のテキスト「エヴリシング・フロウズ」は前作「ウェストウィング」の続編として、その町を舞台に、中学3年生になった主人公のヒロシを中心に、彼を取り巻く中学…

2021.03.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。 2月14日(日)開催分を延期して行います。 「そうなのだ、博雅よ。この世のものの在り様は、全て呪によって決められているのだよ…」(『陰陽師』<鳳凰の巻・泰山府君祭より>)、と名前は本人を縛るから…

2020.10.30 【参加要領】

こちらは終了致しました。  2024年度上期から、新しい一万円札の〝顔〟(財務省発表) になる渋沢栄一は、自ら「武州血洗島(現、埼玉県深谷)の一農夫」で押し通し、幕末という「激流」の時代に、その才覚と柔軟な思考、多くの優…

2020.10.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。  昨年4月、12月、本年3月と、これまで中山義秀さんや、垣根涼介さん、安西篤子さんなど小説家の描いたそれぞれの明智光秀をとり上げ、5月にシリーズを続行する予定でしたが、コロナ禍で延期となりました…

2020.09.04 【参加要領】

こちらは終了致しました。 『伊勢物語』は、「初冠(ういこうぶり)」を済ませた業平と思しき15歳になったばかりの<をとこ>が、狩りに出かけた奈良春日の里で、美しい姉妹を芝垣越しに覗き見し、「春日野の若紫のすり衣しのぶのみだ…

2020.07.31 【参加要領】

こちらは終了致しました。 『伊勢物語』で知られる歌「風吹けば沖つ白浪(しらなみ)龍田山 夜半(よは)にや君がひとり越ゆらむ」と、妻の心配をよそに再び「十三峠」を越えた業平でしたが、こっそり窓から覗くと女は………。  十三…

2020.07.03 【参加要領】

こちらは終了致しました。 「鳥獣戯画」とともに日本の漫画・アニメのルーツとされる『信貴山縁起絵巻』の中に収められた「飛倉の巻(山崎長者の巻)」の話は、その成立から1世紀ほど後に編まれた『宇治拾遺物語』8-3に「信濃国の聖…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ