関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 一覧

2016.12.05 【予告】

こちらは終了致しました。  次回、今年最後の文学散歩は、旧三井家下鴨別邸の一般公開に合わせ、その見学と当地ゆかりの小説、万城目学の「鴨川ホルモー」の世界を遊歩します。テキストは1976年、大阪生まれの作家のデビュー作です…

2016.12.05 【報告】

 集合時に貰った本日のレジュメには「ガラシャまつり」の巡行予定表が1頁目にあり、いつもの資料とは趣きが少し違っていました。それによると、細川ガラシャこと明智玉(玉子などの記録もある) の輿入れ行列の勝竜寺城跡公園到着は1…

2016.11.04 【参加要領】

こちらは終了致しました。  11月13日は、長岡京市が「長岡京ガラシャ祭」一色に染まります。その祭りの主人公、細川ガラシャの運命は、天正10年(1582)6月に、実父・明智光秀が京都で本能寺滞在中の織田信長を討ったことで…

2016.10.28 【予告】

こちらは終了致しました。  11月13日は、長岡京市が「長岡京ガラシャ祭」一色に染まる日です。平成4年、細川氏の城、勝竜寺城跡公園整備の完成を記念し、近江坂本から細川忠興に嫁いできた明智光秀の娘、玉のお輿入れ行列の再現に…

2016.10.17 【報告】

『日本霊異記上巻-巻26話』に、「大皇后の天皇の御代に、百済の禅師あり、名を多羅常といふ。高市郡の部内の法器山寺(観覚寺)に住み……」とあり、今日はこの観覚寺遺跡からキトラ古墳へ向かうという行程だ。その遺跡が出た高市町を…

2016.10.03 【参加要領】

こちらは終了致しました。  高松塚古墳や文武天皇陵などを抱く国営飛鳥歴史公園の南端で発見されたキトラ古墳は、古墳の構造や内部に描かれた青龍・白虎・朱雀・玄武の四神(しじん)図、あるいは天体に関する図など、高松塚古墳との類…

2016.09.26 【予告】

こちらは終了致しました。  次回10月9日の文学散歩は、今月下旬にオープンする大和飛鳥の「キトラ古墳壁画体験館・四神の館」を中心に整備が進む<国営飛鳥歴史公園―キトラ古墳周辺地区>を歩いてみます。  秋もたけなわで、大和…

2016.09.15 【報告】

 旧版の『知られざる日本の面影』が、私の本棚に長く置かれている。若いころに読み、出雲や松江を初めて旅した。そういう意味で、ラフカディオ・ハーンは、私の出雲・松江への導き手だったが、その他には「耳なし芳一」や「ろくろ首」「…

2016.09.02 【参加要領】

こちらは終了致しました。 「家へ帰ってから、私は今一度小さな障子を開けて、外の夜景を眺める。螢が長く光るやうに、橋の上を提燈がちらちらする。(略) 對岸の家の廣い障子が、外からは見えぬランプの薄黄色の光を帯びて、その明る…

2016.08.26 【予告】

こちらは終了致しました。  次回9月11日の文学散歩は、ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲の神戸時代をテーマに、兵庫県庁を中心としたコースを辿ります。  ハーンが神戸クロニクル社赴任で神戸へやって来たのは、「しられざる日本…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ