関西文学散歩 カルチャーウォーキング

ホーム > 関西文学散歩 カルチャーウォーキング

関西文学散歩 カルチャーウォーキング 一覧

2020.06.05 【参加要領】

こちらは終了致しました。  慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原の戦場を「捨て奸(すてがまり)」という戦法で、かろうじて敵中突破した島津義弘は「小返しの五本槍」と称される者たちの奮戦もあり、軍勢300名程度で伊勢街道か…

2020.05.29 【予告】

こちらは終了致しました。  一見、関係なさそうな「島津の退き口」と『冥途の飛脚』ですが、どちらも江戸時代(初期と中期)に起こった実際の事件を題材にしています。  そして片方は関ヶ原を苦心の末に退いて三輪に隠れ住み、無事に…

2020.04.24 【報告】

 新型肺炎コロナウィルスが猛威を奮う4月、国の緊急事態宣言を受け、今回は表記の日帰り散歩の中止を決定しました。しかし、中止のハガキを、会員の皆さんと、3月にJRふれあいハイキングにお集まりいただいた一般参加の皆さんに送っ…

2020.04.24 【中止】

「第557回カルチャーウォーキング~明智光秀と丹波平定と亀山城址を訪ねて~」は 新型コロナウイルス感染拡大防止による政府の緊急事態宣言を受け、中止となりました。

2020.03.27 【中止】

「第556回カルチャーウォーキング~十三峠越えて、業平が歩いた道筋で~」は 新型コロナウイルス感染拡大防止による政府の緊急事態宣言を受け、中止となりました。

2020.03.10 【報告】

天気:雨のち晴 参加人数:32名  朝からの雨、おまけに集合の近江鉄道武佐駅まで、大阪市内からは、JR近江八幡駅乗り換えで約2時間という遠距離。参加をやめようかと思ったが、長光寺城がコースに組み込まれているので、後ろ髪を…

2020.03.02 【参加要領】

こちらは終了致しました。  永禄11年(1568)夏、織田信長の配下となった明智光秀は、初戦で長光寺城攻めを命じられます。見知った城ながら登城道が4つあり、どの道から攻めるが得策かと焦り、友の破戒僧・愚息が得意とした「四…

2020.03.02 【報告】

天気:曇時々雪 参加人数:40名  温暖化の今冬、熊もゆるりと冬眠をしていられないらしいこの冬。地球は怒っているのかしら、異常な冬だ、と思いきや、下り立った上桂駅(初めて下りた駅でした)では、雪が散らついていました。  …

2020.02.28 【予告】

こちらは終了致しました。  明智光秀は、織田信長と出会ってすぐ、近江長光寺城攻めを命じられます。光秀にとって信長配下での初めての戦いでした。  長光寺城は、後に瓶割城とも呼ばれ、京極氏の出城で、攻めるに難しい城でした。城…

2020.01.31 【参加要領】

こちらは終了致しました。 「歩くことは歴史をつれもどすことだった。また考える道でもあった。そうして、またここでも、こっちにふりかえる心がなければ、歴史というものはあり得ないという、あたりまえのことを学んだのである。 ぼく…

織田作之助賞
織田作之助青春賞
文學回廊
入会のご案内はこちら
ページの先頭へ